325 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2011/05/06(金) 04:32:26.65 ID:Hc2iz3zY0
駅のホームにまだ灰皿やゴミ箱があったころの話。
カップルが、大声で口ゲンカしながらホームにやってきた。
二人とも、あたりかまわず怒鳴り散らしてる。
20代前半の、ちょっとヤンキーな、どこにでもいそうなカップル。
二人は、ケンカを続けながら灰皿の前のベンチに腰を下ろした。
彼氏がポケットから新品のタバコを取り出し、怒鳴りながら、開封した。
当然、小さなごみが出て、それを捨てようとして、手と口が止まった。
まずいな、灰皿はあるがゴミ箱がない、という表情、彼女も気づき、沈黙。
二人で無言のままゴミ箱を探し、彼女がホームの端に見つけた。
彼女が、「あっちだよ」と指差し、「サンキュちょっと行ってくる」と彼氏。
で、ゆっくり歩いてごみを捨て、戻って元のベンチに腰を下ろした。
その瞬間、バトル再開、またまた怒鳴りあいが始まった。
もうなんかほのぼの、仲いいんだよね。