796 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 05/03/05 16:49:03 ID:FmSg+T6j
玄関開けたら銀世界だったのでテンション急上昇。
目の前の雪山に「うははは!うははははは!」と笑いながら飛び込む。
そして「あーっと、速い!ここで勝負に出たかぁっ!?」と、実況しつつ雪の上で本気クロール。
一汗かいた後、雪を両手ですくい「なんで雪、すぐ溶けてしまうん…?」と呟いた。


「お前、何よ?」
その声に振り向くと、兄がスコップ持って立ってた。
あ、雪かき中でしたか。邪魔してすいませんでした。
あの、埋めないで貰えますか。寒いので。
手伝いますから。マジで。