525 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2009/03/27(金) 01:10:25 ID:51MUTF3JO
雑貨屋で入浴剤を見ていた、大柄な彼氏とちっこい彼女。
しゃがんで棚の一番下を見ていた彼女が、立ち上がろうとしてよろけた。しかしとっさに支えようとした彼氏の股間に、彼女の肘が直撃。
「お゛う゛あ゛」と今度は彼氏がよろけて彼女に覆い被さるようにしがみついていた。
背中をすりすりしながら必死に謝る彼女がちまっとしててかわいかったが、あの痛みがわかるだけに彼氏に心底同情した。
二人のそばを「いたそ。」と一言かけて通った小さい男の子に思わず吹いたw