710 名前:大人の名無しさん[] 投稿日:02/12/24(火) 16:12 ID:k9Gnxviz
嗚咽じゃないけど・・・イヴなので。

小学2、3年生のころ俺はサンタクロースを心底信じていた。
でもそれまでにサンタがきて枕元にプレゼントを、なんてことは一度もなかった。
テレビ番組で靴下を置いておくとその中にプレゼントを入れてくれると聞いて
「あ、そうか!」と思った。今までそれをしていなかったからもらえなかったんだ、と。
俺の家はその頃事情があり、年上のいとこ3人と兄弟のように暮らしていた。
寝る間際に靴下を用意し、紙に「いとこの○兄ちゃんには△△、僕には□□・・・」
と書いて入れた。たしかロボットか何かを欲しかったんだと思う。
次の日、目を覚ますと枕元にロボットではなくて、ポッキーとかのお菓子が入った袋が
人数分おいてあった。
その瞬間に俺はサンタの正体がわかった。ショックだった。
今考えてみればド田舎で暮らしていたのに急にロボットなんて買えるわけがない。
親にしてみれば袋に一杯のお菓子の詰め合わせは精一杯のプレゼントだったのだろう。
それから俺のところにサンタがくることは一度も無かった。
ここ数年、この時期になると必ずこのことを思い出す。
両親は俺が靴下を用意してあせったんだろーなー、貧乏だったし。
そのせいか俺は自分の子にはクリスマスに全勢力を使います。
おかげで4年生にもなってサンタの存在を疑ってません。バカでしょ。