799 名前:素敵な旦那様[sage] 投稿日:2005/10/05(水) 13:58:13
 息子へ。
 お前とはじめて会った時、お前はまだ3歳だった。
 母さんの後ろにすっぽり隠れて恥ずかしそうにしていたな。
 お前と母さん二人暮らしの部屋に遊びに行き、帰らないでと泣かれた時、
 俺は決心したんだ。母さんとお前を絶対に幸せにすると…
 お前に淋しい思いはさせないと。
 あれから俺の親父ぶりはどうだったか?親父がいて良かったと思ってくれただろうか?
 それとも、こんな親父ならいらないと思われていたのだろうか?
 俺なりにお前を必死で愛してきたが、伝わっていたのだろうか?
 お前が大人になった時、酒でも飲みながらそういう話もしてみたかったぞ。
 大学生になったお前、社会人になったお前、子を持つ父親になったお前
 もっともっと見たかったぞ。
 息子よ、一人で淋しくないか?ごめんな、一人にさせてしまったな。
 俺はまだそっちには行けない…もう1つの約束、大事な母さんがいるからな。
 母さんの事は心配するな、俺が一生大事にしていく。
 あと何十年後になるだろう、母さんお前そして俺、また3人で仲良く暮らせる日が
 来るだろう。それまで待っててくれな。息子よ、お前に会いたいぞ…