72 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2012/12/18(火) 15:12:26.68 ID:FOUMY1d/0
農家だけが生き残ると聞いて家庭菜園をしようと思ってる。
ゴーヤが楽と聞いたんだが、今冬だしできないだろうな・・。そして俺はあきらめた。
あきらめで思い出したが、あきらめが肝心と幼少期に言われたことがありそれを忠実に実行していたら、ニートになった。
俺は今でも信じてる、その言葉の深さを。その言葉の重みを、そしてその言葉の愛を。
それは哲学的な側面もあり、本来の人間のありのままを表現するという意味も込められているのだ。

先月10kgの米と圧力鍋を購入した。圧力鍋はすぐに米が炊けるという情報を仕入れ震災時に役に立つだろうという思いの中からだ。
水もろうそくも揃っている。だが、はたしてろうそくだけで炊けるのだろうか?
俺は疑問に思いつつも、まあその時がくればなんとかなるだろうし、面倒だし寒いし今日はやるのをあきらめようと心の中で
呟いた。そして今に至る。

そう、こんな風に俺の実行にはあきらめが肝心という言葉であふれている。君達も俺を参考にして生きるといい。
そして人間に生まれてという本を執筆すればいい。きっとベストセラーだ。因みに俺は執筆もすでに諦めている。