120 名前:可愛い奥様[sage] 投稿日:05/03/03(木) 21:00:20 ID:AGdDsFF/
「普通の枕じゃ眠れないの! ○○さんの腕枕じゃなきゃダメなの!
こう、首の後ろにちょうどフィットして…あぁ、これじゃなきゃ♪」
と毎晩やり続けた。
当時は腕枕が愛のしるしで、
してくれなくなったときが倦怠期の始まりだと思ってた。

普通の枕で寝たい…
でも夜中にトイレに起きてベッドに戻ったときに
寝ぼけながら腕を伸ばしてスペースを作ってくれるダンナを見ると、
もう今更言えない。