312 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/09/27(水) 10:03:44 ID:csGjIxIF
まだ勤めて二年目くらいの頃、職場でムチャクチャ悔しい事があった。
相手に対する怒りと、それを抑えなくてはならない社会の厳しさ、
分かってはいるのに感情を表に出しそうな情けない自分、
そういうものが一気にこみ上げてきて、事務所の中で涙がこぼれそうになった。

この場で泣くのはいくらなんでも不味いと思い
「ちょっと倉庫に探し物行ってきます」と外へ出ようとして
机に向かった先輩の背後を通り抜けようとしたら、
先輩が振り向きもせずに腕をにゅっと伸ばしてきた。
「これ持ってけ」

その手に握られていたのは、飲みかけの缶コーヒー。
先輩が今自分で飲んでいたものだった。
何も言えずにそれを受け取り、事務所を出た。
先輩のせいで、倉庫に着く前に涙腺全開だった。

その先輩は、今は他の会社へ行ってしまった。
うちの会社と取り引きのある会社なので、用事があって出向くとたまに会える。
相変わらず、顔も上げずに「お世話様です」と言う。
そりゃもう同僚じゃないしな、仕事中じゃ話し掛けられんし、と思っていると
帰り際には顔を上げて、他の人にバレないように「にっ」と笑ってくれる。




  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど