930 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2005/03/27(日) 03:49:29 ID:nS91wNqZ
友達の彼氏はアメリカ人。
初めて会った時、たどたどしい日本語で「ぼくは学生の時に日本語を勉強してたんだ」と笑顔で挨拶
してくれた。
食事をしながら、友達と話してると会話に入りたいらしく「ねぇねぇ、これは日本語で『いす』でしょ?
これは『つくえ』だよね?」と話しかけて来た。
「ジョシュ(仮名)は良く知ってるね~!」と褒めたら自慢気に照明を指差して「これは『べんき』って
言うんだよね?」と笑顔で、しかも大きな声で言った。

友達は大慌てで「ち、違う!ジョシュ(仮名)違う!これは電気!で・ん・き!」とフォローしたが、彼は
不思議そうな顔で「え?『べんき』でしょ?合ってるじゃない」と言う。
隣のテーブルのカップルが下を向いて笑いを堪えてるのが分かった。
友達が彼に英語で必死に説明すると「あ~、あ~、あ~、食事中にごめんね~」と満面の笑顔で立ち上がって
私を始め周りのお客さん達に頭を下げた。
その後「そっかぁ…『べ』と『で』かぁ。でんき…べんき…」とにこにこしながら呟いて「また1つ覚えた~!」と
喜んで握手を求められた。
なんか、すごく和んだ。