269 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2017/09/01(金) 11:48:14.54 ID:oVO+wTn4.net [1/2]
家は今年中古住宅を買い引っ越したんだけど
わりと広い庭があるおかげで、犬か猫を飼うつもりで相談してた。
弟が陸上していてランニングの時に散歩もするからという話で
ボーダーコリーを飼おうとほぼ決まった。
私は実はイグアナを飼いたいと密かに思っていて
祖母(近距離で一人暮らし)が来た時に庭で
「猫の方がいいな、一緒にイグアナ飼えるかも知れないし」と言ったら
祖母が「猫がいい、ほしいって言うとゴミョウさまに聞かれるよ」と笑った。
ゴミョウさまは地元の穀物の神様だけど
 猫の元締めも兼業する神で
猫がほしい家には、猫をあてがう斡旋屋のような事をすると言う。
まさかーwと笑っていたら、それから10日後くらいに野良猫の親子連れが庭にやって来て
一番小さいグレーのハチワレ子猫を
置き去りにして帰ってしまった。子猫はしばらく母猫を呼んでいたので
迎えに来るだろうと見ていたんだけど、とうとう夕方までお迎えはこなくて
台風も近づいてるし、と子猫を保護して飼う事にした。
うわ、すごい偶然だなと思っていたら 
あの時私が何も言わなければ犬だったよ、と 
祖母が真顔で言うし、母も「ああ聞かれたのね」、父は「外で言うと聞いてるからなあ」と驚きもせず信じているのが一番衝撃的だった。穀物の神なのになぜ猫を斡旋するのかもよくわからない。
でも子猫は大変可愛くて賢いので、やっぱり神が連れてきた猫かもしれないし
イグアナも待てば連れて来てくれるのかもと少し期待している。