269 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/04/22(土) 16:13:46 ID:NG+ecU83
もう何年も前の話。
通学途中でその猫をよく見かけた。
成猫だったけど、見た目はガリガリでボロボロ。歩き方もフラフラしてる。
近くに来たから一度だけ喉をくすぐったら
それ以来その道を通る度に近づいてくるようになった。
餌も何もあげてないのに。

日に日に着いてくる距離が長くなり、ついには家にまで来るようになった。
「うちに来る?」って聞いたら
.∧_∧
(*^∀^*)ニャーン
ってほんとにこんな顔で返事した。
「じゃあ少し綺麗にしないとね」って、
お風呂に入ってすぐに病院に行ってうちで飼うようになった。
後で分かったことだけど、以前は人間に飼われてたらしく
狩りが出来ないので木の根や雑草などを食べてたらしい。

栄養失調だった体はすぐに健康になった。
その後病気もなく、十数年一緒に過ごしたが去年の暮れに他界した。

今でも出会った頃のことを思い出す。
家路につく帰り道、ふと振り返り足元を見る癖がついた。
もう誰もそこにいないのは分かってるんだけどな。