864 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 投稿日:2005/06/28(火) 00:57:01 ID:62vx5yrT
学校の近くのそんなに大きくない地味な川に、コブハクチョウの一家が住んでいる。
近くのお堀に放されていたつがいが逃げてきて、そこで卵を産んだらしい。
ママ白鳥とパパ白鳥と、子供白鳥が二羽。仲よさげですっごくなごむ。

今日、友達と二人でぽけーと見てたら、
その一家がぞろぞろと向こうの川岸からこっちの川岸(岸には上がれないけど)に泳いで寄ってきた。
両親白鳥は、私達が何かエサをくれるもんだと思ったらしい。物欲しそうにじっと見つめてくる。
子供の白鳥たちはそこまでフレンドリーじゃなくて、ちょっと遠巻きにこっちを見ていた(ぴーぴー鳴いて可愛い)。

でも私達はあげられるものを持ってなくて、仕方ないからその場を離れようとしたら、やっぱり一家でぞろぞろ着いてくる。
でも子供たちは泳ぐのが速くないから、すぐに置いていかれてぴーぴー鳴いてて。
そしたら、両親の一羽は子供たちのとこに戻っていって、もう一羽は相変わらず私達をストーキング。
私達が止まると白鳥も止まる。私達が歩き出すと白鳥も泳ぎだす。
結局、橋に邪魔されて進めなくなるまで着いてきた。そいつは家族のもとへ戻っていったが、
まだこっちに未練があるようにちらちらと見ていた…気がする。

今度はパンくずでも持っていこうかと思った。長くてスマソ。