475 名前:水先案名無い人[] 投稿日:2005/10/30(日) 04:53:15 ID:InPGRtOZ0
今から何年前のことだったろうか
あの頃、俺はとこしえのビンボーで、家賃も三ヶ月滞納していた
友人から無理矢理譲ってもらったゲーム機で、夜な夜な「ときめきメモリアル」をプレイするのが唯一の気晴らしだった

ある夜、いつものようにときメモをプレイしていると、玄関で何やらごそごそ物音がする。不思議に思って戸口に向かうと誰かが走り去る音。背後のテレビでは、ちょうど伝説の木の下で舘林さんに告られている最中だった

翌日、珍しく家賃を一月分納めにいくと、大家のおばちゃん開口一番
「あんた、悪い女に騙されてるんでしょ!口先だけの女に貢いでもいいこと何もないよ!」
……俺は言い訳する気にもならず、小一時間おばちゃんの説教を聞いていた