110 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:04/04/02(金) 13:14 ID:nwD4Dris
飲みすぎて終電間際で帰ってきたときのこと。
駅から家まで遠いので、バスに乗ろうとしたがそのバスさえもうない。
仕方がないからタクシーで、と思い道まで出ると、外はすごい雨。
屋内にいたから全然気づかなかったわけなんですが。

土砂降りの中、手をあげてる小娘に止まってくれるタクシーは一台もない。
酔ってるのもあるし、寒いし、どうしようどうしようと半泣きでいると、
2人組の強面のおじさんに、なにかを押し付けられた。

「ほら、これやるから」

びっくりして見ると、ビニ傘なんて足元にも及ばない、しっかりしたいい傘。
突然のことにアホみたいな顔してる私を尻目に、
2人はそのまま走り去って行ってしまった。
きちんと、ありがとうございますって言えなかったのが今でも悔やまれるよ。
傘をさしたら、タクシーは簡単につかまった。

おじさん、あのときはありがとう。
あの傘、いつでも帰せるようにしまってあるよ。