702 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/03/07(火) 17:59:08 ID:s1FN5+oI [1/2]
ヌコをトレーナーの腹の所に入れて妊婦ごっこ。
「うふふ。私の可愛い赤ちゃん・・・」
と腹(ヌコ)をなでさすりながら幸せそうに微笑んでみたり
腹にヌコを入れたまま、ヌコのためにおもちゃ作りをして
「生まれてくる子のために靴下を編む妊婦の気持ち」
になってみたりする。
もちろんおもちゃ作ってる間も時々腹をさする。
トレーナーの裾をズボンのゴムの所に入れて歩いてみる。結構重い。腰が痛い。
「そうか、妊娠したら腰痛悪化するんだな・・・」
と実感。しかし
「あなたの為にママ頑張るね♪」
とまた腹をさする。
が、時々ズボンのゴムが猫の重みに耐え切れなくなり猫がズボンの中にどろりと
落ちてくる。その時は
「は、破水!?ど、どうしよう!あの人はまだ仕事だし・・・」
とか妄想して一人でなんとか頑張ろうとする妊婦を熱演。
もちろんラマーズ呼吸方も忘れない。
ヌコがズボンの中から出てきたら
「ああ、私の赤ちゃん・・・!!」
とヌコを震える手で抱き上げてフィニッシュ。

その他にもヌコを赤ちゃんのようにあやしながら
「パパ遅いでちゅねぇ・・・」
と寂しげに呟く「家庭を顧みない旦那を持った妻ごっこ」や
暴れて噛みついたり引っかいたりするヌコを悲しい目で見て
「うぅ・・・貴方は本当は優しい子の筈・・・お母さん信じてる・・・」
と泣き崩れる「息子に家庭内暴力に走られた母ごっこ」もやる。


車の中で彼氏が「あの、ちょっと相談が…」って言うから何事かと思った