778 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2006/01/29(日) 23:02:12 ID:UZiSI7M8
居間にあるマッサージチェアの頭を乗せる部分で寝るのが好きだった実家の猫
ある日いつものようにそこで丸まって寝始めた
しかし奴は最強に寝相が悪い
いつものようにイビキをかき、瞼をピクピクし始めた猫は寝返りを打った
マッサージチェアの裏側に落下する猫
その先には母親愛用のイボイボ足踏み竹が・・・!
「ふぎゃああああぁぁあ!」叫んで走り出す猫
痛かったのだろう 短い尻尾はもちろんタヌキのように膨らんでいる
怒りの表情で家族全員に襲い掛かる猫
お前が勝手に落ちたんじゃないのか
猫よ 猫よ お前はなんて馬鹿で可愛いんだ
もう二度と会えない ああ猫よ