195 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2005/05/08(日) 00:45:57 ID:7uyYb3+z
私の母はがんで亡くなったんですが、亡くなるしばらく前に体の調子が一時的に良くなり、外出を許されました。
母は銀座へ行きたいといい、買い物や食事をゆっくり休憩を挟んで楽しみ、最後に日比谷公園へ行きました。
若い頃、父とよくデートしたとか、野音でコンサート見たとか、いっぱい思い出が詰まってる懐かしいところです。
母は、そこで写真を撮って欲しいといいました。花壇にきれいな花がいっぱい咲いていて、お天気が良くて。
でも、その前に立つ母は、改めてみると本当に衰えていて、生気がなくて・・・明るい公園に楽しそうな人がいっぱいの中、
あまりの違いに、私は泣きそうになってしまいました。
そしたらそこへ通りかかった普通のサラリーマンのおじさんが、「お!いい女だなあ」と母に言ってくれたんです。
痩せて、顔色も悪く、一目見て健康ではないとわかる母に・・・母は照れくさそうに「いやあねえ」と笑いました。
写真の中には、その笑顔が残ってます。
おじさん、本当にありがとう。あなたは何気なく言ってくれたのかもしれないけど、私には本当に優しい、神様みたいに見えました。
長文になった。スマソ




  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる