376 名前:名無しさん[] 投稿日:2000/04/12(水) 23:26
私の家は4人兄弟の大家族。決して暮らしも豊かなものでは
無かったため、友達が小銭持って駄菓子を買うのを、
いつも横目で見ていてうらやましかったなぁ。
おやつは、皆でカールや、麦チョコを一袋とかだった。
まだ小さい私と妹は、机の上にティッシュを4枚並べて、
ひとつひとつ数えては、均等に分けていくのが楽しみだった。

そんな兄弟も中高学生ぐらいになったある日、まだ小学生にも
ならない、小さないとこが遊びにきた。
ちょうど その時に、いちごが我が家にあったので、
洗ってざるに入れられて、出された。
私たちは、バラエティ番組を見ながら、
ものも言わずに、そのいちごを口の中へと運んでいった。
ふと、いとこに目をやると、いとこは必死の形相で、両手に
いちごを手にして、一生懸命はやく食べようとしていた。
その横を、何も気にしてない兄や姉の手がいちごを
ひょいぱくひょいぱくと・・・。
思わず大笑いしちゃいました。
いとこは、ひとりっこだったんで、思わずとてもびっくり
してしまった ようです。
兄弟で育てられて、知らず知らずのうちに食い物競争しちゃって
たんですね。