734 名前:大人の名無しさん[] 投稿日:2001/07/10(火) 00:32
花屋の知人から聞いた話。

その花屋に、夕方になると毎日花を1輪ずつ買いに来る青年がいた。
店の人は青年の照れた様子が微笑ましく、彼女にでもあげるのかな、
うまくいくといいね、等と噂していた。
しばらくして、その青年は店に来なくなった。
うまくいったのかな、別れたのかな。引っ越したのかな。

ある日店の奥さんが葬儀花の配達に出かけると、玄関からその青年が出てきた。
「あら、この家の方だったの。」
「はい。もう、花がいらなくなっちゃいました。
母が、ずっと入院してたんですけど。花の好きな人でした。」
最後の一ヶ月ほどは、遠くの病院に転院していたそうだ。





  1. 可愛いロボット女子高生のイラスト描いてみたwwwwwwwwwwwwwwwwww
  2. 暴れん坊将軍での悪人の開き直りパターンwww
  3. 浜田雅功がスパルタの高校に入ることになった経緯wwwwwwww
  4. 1億円のために友達を裏切ること出来る?
  5. 【画像】これが日本のExcelスキルwwwwwwwww
  6. 仲良かった男の子が、 技術の授業で作ったオルゴールを「いらないから…」と言ってくれた。
  7. 【速報】一人暮らし苦労ランキング、発表される
  8. うちの犬、自分が可愛いことを知ってる