405 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/01/18(水) 00:52:54 ID:9UxS4YQV
新幹線のトイレ(和)できばった。
ふと見たらドア全開ですた…。
かなり動揺したが、動揺しすぎて
脳が記憶をシャットアウトしてくれたらしい、
何事もなかったようにドアを閉め、すまして席に戻り、
友達と楽しい旅行をした。
それから数年…このスレ見て思い出したうわああああ
当方♀ああ~


410 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/01/18(水) 01:50:09 ID:FY+iBcxH
>>405見て思い出した。長文スマソ。

小学校の頃、便意をもよおして便所に走った。
かなりギリギリだったので慌てて一番近くの個室に駆け込んだら、ドアが壊れてて閉まらなかった。
だが今更個室を替える余裕もなくて、幸い人もいなかったからドアを手で押さえながら用を足した。
凄まじい量のうんこが出て、間に合ったことにほっとしながら、洗浄レバーを押した。
だがしかし、断水の日だったかトイレの点検の日だったかで水が流れない!
どうりで休み時間だってのに人がいない訳だよ…。
流れないものは仕方ない、悪いがこのまま放置していこう、と思った矢先、トイレに2人の人が入ってきた気配がした。
出るに出られない。ドアにへばり付き、息を潜めて様子を伺う。
「漏れる漏れるー! あ、そういえば今日トイレ使えないんじゃなかったっけ?」
「そうだった! 体育館のトイレじゃないと駄目なんだよね」
とか話していて、どうやらすぐに出て行きそうな感じだった。
ほっとしたのも束の間、彼女たちは今私の入ってる個室の前で立ち止まった。
「何でここ閉まってんの? 今日トイレ使えないんでしょ?」
「あれ? 本当だ。それに確かここドア壊れてんだよね」
「じゃあ、誰もいないんだ。開けようか」
当時うちの小学校では、誰もいない個室のドアを閉めて使用中にみせかけるという、何が楽しいんだか分からない遊びが流行っていた。
それだと思ったのだろう、女の子たちは私の入っているドアを凄まじい勢いで蹴った!
手で押さえていたとはいえ、二人分の脚力に敵う訳はなく、ドアは勢い良く開いて


その後の記憶がない。私どうしたんだろ?
和式だったから凄まじい量のブツは見られたんだろーなああああぁorz 最中を見られなかっただけマシなのか…



416 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/01/19(木) 00:02:09 ID:h5kA9Ekk
>>410
頭ぶつけてたんじゃね? 記憶がないのはソフトではなくハード的な問題かと。


446 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2006/01/20(金) 00:40:16 ID:tp+q+s47
>>410
追い詰められてどうしていいかわからなくなったときの
記憶ってデリートされてしまう事あるよね。
小さいから覚えてないわけじゃなくて
ああああああああああああああ~ってなる直前までのことは
鮮明に覚えてるから意図的に記憶が抹消されてるんだろうなww