778 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:05/01/28 15:07:37 ID:hAeNqMjY0
あれは十年ほど前のこと。
ポカポカ晴れた暖かい日、自分は自転車こいで家に帰るとこでした。
ふと前方を見ると、道路わきの歩道に、何か影が見えたんです。
「……!!」
間違いなく、それは猫でした。
体をグッタリと歩道に投げ出し、ピクリとも動かない。
野良猫が多く交通量の多い道路。よくある光景でした。

「Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)」という気分の漏れ。
しかし足は自転車をこぎ、どんどん近づいていく。
そして、そこに見えたものは。

すやすや寝てる猫さんでした。

紛らわしい場所で寝てんじゃねぇ―――!(#゚Д゚)