662 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2009/01/05(月) 21:05:16
俺大学2年、嫁女子大1年の時合コンの席で、

俺「あっ、ちょっと良いですか?」横に座る。
嫁「ええ、まぁ」場所を開ける。
俺「またお会いしましたね」やや図々しく、
嫁「…」
俺「前に声かけた時は何で相手にしてくれなかったんです?」
―これは当時よく使った印象を強めるための全くの嘘、本当に初対面。
―大抵の女性は実際にあったかもしれないと考え込むので、
―引っ張った後に「嘘ですw」といって親しみを持たせるw
嫁「…」
俺「…お忘れなんですか?」さぁ悩んでくれw
嫁「…きっと前世であってるんでしょうね」真顔で、
俺「…」俺ポカン
嫁「その節は失礼しました、今生では付き合わせて下さい」深々と頭を下げて
俺「…あの、前世の記憶があるんですか?」
嫁「…プ、あるはず無いでしょ!でも前世を含め貴方とは初対面w」
俺「…騙したんですか?」やや不満顔、
嫁「騙してませんよ、付き合いましょう?嫌ですか?」ニコリw

うん、なんだ。
あの日以来俺は嫁の魔法にずっとかかっている。

魔法事典