74 名前:和み[sage] 投稿日:2006/09/19(火) 18:52:55 ID:7TQ6YLsj
こないだ父に聞いた話。

父が小学生の頃、隣家で九官鳥を飼っていたそうな。
そやつは飼い主さんが教える言葉は覚えず、
妙な言葉ばかり覚える奴だったらしい。

例1
「お豆腐屋さん、お豆腐屋さん、きーーーー!」
豆腐屋さんを呼び止める奥さんの声と、
それを受けて停止する豆腐屋さんの自転車のブレーキ音。
昔は夕方になると自転車で売りに来ていたんだ。

その豆腐屋さん、自分が小さい頃まで来ていたけど、
回ってくる時刻に留守のときは、
鍋とかにお金を入れて門の上に置いておくと、ちゃんと豆腐置いていってくれた。
20年位前だけど、のんきな時代だったんだなあと思う。

例2
「おとっつぁん! おとっつぁん!」
ウチのバーちゃんが、ジーちゃんを呼ぶ声。

隣家とは密接しているために丸聞こえだった模様。
でも隣家の声は聞こえない…つまりバーちゃんの声でか杉。
てな訳で父は、それを聞くたびorzだったとの事。
でもその情景を想像したら非常に和んだよパパン…

隣家のご夫婦も、ウチのジーちゃんバーちゃんも亡くなっているんだけど、
私もこんな風に愉快な記憶を人に遺したいと思ったよ。
まあ、人じゃなくて鳥の話だけどね。

キュウカンチョウ(九官鳥) ピンバッジ






  1. ワイ「この猫38万円か。購入したろ!すいませ~ん」
  2. 家出希望のなんJ民を家に泊めた結果wwwww
  3. 【コロナ対策】昔ながらのしつけ 日本人なら当たり前にやってること
  4. 高校生の息子と向い合わせでスイッチの麻雀やってるだけでニヤニヤする
  5. 【画像】とてつもなく可愛いっぽい専門学生が発見されるwwwwwwwwww
  6. 【悲報】関西のJK、スカートが長すぎる
  7. 猫鑑定人来てくれ 絶妙に置物なのか猫なのかわからない画像がある
  8. 全然使ってないクレカを解約するのに 電話するのめんどくさいなーとほっといたんだけど