80 名前:名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2007/09/09(日) 16:15

杖をついた男が、大きなマスクをした赤いコートの女性に出会った。

女は男に近づくと一言、こう尋ねた。
「私、キレイ?」
少し考えた後、男は答えた。
「キレイですよ」

するとその女性は突然マスクに手をかけ、それを剥ぎ取りながらこう言った。
「これでも・・・キレイかー!!」
何と、その女性の口は耳まで裂けていた。



しかし、男は少しだけ困った顔をしながらこういった。
「私は目が見えないんですよ、なので"これでも"というのが何のことかはわかりません」

少し思案した後女は男の手を取ると頬の裂けている部分をなぞらせた。
頬に触れた男の手が一瞬揺れ、
男は自分の話している相手が口の裂けている女だと気づいた。

女は、もう一度先ほどの質問を繰り返した。
「これでも・・・、口が裂けていてもキレイか!」

男の答えは変わらなかった。
むしろ、よりはっきりと言い放った。
「あなたは、キレイな人です」
そして、男は光を感じない目を女に向けるとこう続けた。


907 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2013/08/28(水) 13:55:47.57 ID:FraK2bdJ

81 名前:名無しにかわりましてVIPがお送りします。投稿日:2007/09/09(日) 16:16

「私が光を失ってからずいぶん経ちます。
そして多くの人に会ってきました。
今のように道で声をかけられたこともあります。

多くの人は私が盲目だと知ると声をかけたことをあやまり、
同情し、申し訳なさそうに去っていくのです。

しかし、あなたは私の意見を聞こうとしてくれる。
口のことも触れさせることで 教えてくれた。
私を特別視していないようで、すごく嬉しいのです。

私は外見のことはわからないので、そういった基準でしか判断できませんが
あなたは少なくとも、私にとってはとてもキレイな人です。そう感じます。
失礼でなければ、あなたともっと話をしてみたいです」


女はポカーンとした後、急にボンッ!と音が出そうな勢いで赤面し
「あ、ありがとう、きょきょきょ今日は時間がないから、これ、こここれで失礼します」
とだけ言うと走っていってしまった。

走りながら女は自分に言い聞かせる。
(心臓がすごくドキドキしているのは今走ってるから!)
頭に浮かぶ先ほどの男の嬉しそうな顔を振り払いながら、赤面した女は走り続けた。


それから、杖を持った男と大きなマスクをした女性が
仲よさそうに話しながら歩いているのが、たびたび目撃されたという。