178 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2011/07/19(火) 09:15:35.40 ID:5Yvh8iHN0
まだ高校生の時の話
校内でも目立つ彼と仲良くなりつつある頃、二人で何度か会ってたけど決定的な言葉はなく
付き合ってるの?と周囲に聞かれては、違う、と微妙な気分で答えてた
このまま中途半端に友達以上恋人未満で終わりなのかなー、と、
女の子複数に囲まれたりする彼を見ながらムカムカさせられる日々でした

そんな頃、帰る前に他の仲いい男の子と話し込んでたら、離れたところに彼がいたので
もしかすると焼きもち妬いてくれてるかもw なんて思いながらそのまま喋ってた
すると、いつの間にかそばに来た彼が後ろから私の首に腕を回して密着し、
「まだなの?」と不機嫌そうに聞いてきた
喋ってた子はビクビクしてるし申し訳ないし、「何?もう!」と言いながら腕からはすぐに抜けたけど、
あーやっぱこいつ私のこと好きなんだ、という嬉しさで心臓爆発するかと思ったw