278 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 16:42:21 ID:Z67q+1We0
オレが小学校の時の夏休み、宮城に居るお袋の遠縁の親戚の家に
ふたりで遊びに行った時の事。
夕方遊び疲れてお袋は寝てしまい、オレもウトウトしていたら
突然枕元にヒトの気配を感じたら二十歳前後位のあんちゃんが正座していた。
オレはお袋をゆすって起こすとあんちゃんは「家の者ですけどご挨拶が
遅れましてすいません。ゆっくりしていってください」みたいな事を
お辞儀をして出ていった。
夕食になってそのあんちゃんが居ないので聞いてみると
ウチに息子はいない。東京に娘がいるだけ。たぶん座敷わらしだろって
笑って答えた。
お袋も田舎の人間であんまり驚かなかったので、そのときはそんなもんかと思ったが、後から考えてもどーも変な感じなんだよな。
だって乳首が見えるような透け透けでピチピチのTシャツで金のネックレスに茶髪だぜ。
座敷わらしが成長してそんなかっこしちゃダメじゃん。

モノノ怪 壱之巻「座敷童子」 [DVD]