511 名前:なごみ[sage] 投稿日:2007/10/03(水) 17:39:28 ID:pUQGh4+V0
小学校時代、人より二歩も三歩も遅れがちで、そのせいで仲間はずれにされることも
けっこうあったAちゃん。
なぜか私に好意を持ってきて、一緒に登下校したりすることもあった。

中学から別々になってそれきり会わなかったのだが、
先日偶然街中で再会した。
小さな子供さんを二人つれていた。
トロいと悪口を言われた動作は優雅な所作にかわり、
暗い、ウザイと言われた気弱そうな口調はおっとりとした
良家の若奥様の口調にかわっていた。
きっと中学校から先の友人に恵まれたんだな~、よかったな~と思ったら、
「あの時仲良くしてくれてありがとう」と言われた。
ちょっとうるっと来ちゃって「やだなあ友達じゃん」とこたえたら
「(私)ちゃんあの時も同じこと言ったね。一緒に登下校してくれるようになってから
(私)ちゃんに『友達になって』っていったら『やだなあもう友達じゃん』って
言ってくれたよ。(私)ちゃんがそう言ってくれたから中学でもがんばって
友達作れたんだよ」

正直泣けた。なんかのドラマの影響でポロっと言った台詞を
忘れずに大事にしてくれてたAちゃんに泣けて泣けてしょうがなかった。
Aちゃんも泣き出して、子供さんが不思議そうな顔で見てた。
でもすごく嬉しかった。自分が誰かにそんなふうにいい方向に
影響を与えることができてすごく嬉しかった。

あんま和みじゃないか、ごめん。

なによりも大切なこと (心の友だち)
なによりも大切なこと





  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる