518 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2010/04/04(日) 01:01:15 ID:6ll5rg0n
授業参観が家庭科の調理実習で、
親に出来上がった料理食べてもらいましょうという企画だった。

案の定ボロボロの料理が出来上がったんだけど
他所のお母さんやお父さんは「引きつりながら、おいしいよ」といって食べてた

でもうちの馬鹿親父は私が炊いたご飯を一口食べて
「このご飯を炊いたやつはだれだぁぁ」 とおいしんぼ風に一蹴。
あまりに、海原に似ていたせいか
佐藤さんのお父さんが、その場で吹きこぼした。

その後、父と佐藤さんは意気投合して、
勝手にご飯をリゾットに作り直したりしていつのまにかおいしい食事になってました。。

THE美味しん本 海原雄山至高の極意編
THE美味しん本 海原雄山至高の極意編