557 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2012/07/27(金) 08:38:49.24 ID:ogjRXHMd0
些細では無いかもしれないんだけど、このスレしか見当たらなかったのでここに書きます。

普段はリアル高田純次って感じで、おちゃらけてばかりの彼。

私は色々辛い事が重なりすぎて精神的にかなり不安定になっていた時期があって、声が出なくなってしまい、仕事も辞めて、次第に、歯も磨かず、お風呂にも入らず、最終的にはベッドから動かない状態に何日か陥った。
彼はそれから、殆ど泊まりこみで飲み物を買ってきたり、作った事もないお粥を作ってくれて食べさせようとしてくれたりしてくれた。それから何日か目、今まで不思議と出なかった涙が突然こみ上げてきて本気泣きしてしまった。その時同時に声が出た。
普段二重の目が一重になるくらいぱんぱんに腫れ上がって、雫型の鼻水を垂らして、鼻ちょうちんまで作って泣いた。
彼は朝までずっと背中をさすりながら、止まらない鼻水をずっとティッシュで拭いてくれた。次第に鼻がかぶれてきたのか、タオルを濡らして拭いてくれていた。
朝方ぐったりした私の身体を何度も拭いてくれた。

気持ち悪くて捨てられてもおかしくないくらいの姿を見せてしまったのに。
今思い出すと、本当に彼の存在がありがたかった。

人生教典