514 名前:なご[sage] 投稿日:2009/01/23(金) 20:08:03 ID:FmIp8Rym0
先日、九州の南端まで出張に出かけた。
地元のラジオ局のAMを聞きながしつつ、市街地を運転してたら、
地元の方のインタビューみたいなもんが流れてた。
「昔は高校生の運動の指導をしていた」
「それで、全国大会で○○県(失念)に行くことになった。
「その時の事が忘れられない」と。

「○○県に生徒の引率で行ったら、町長さんがわざわざ駅まで出迎えてくれた」
町長さん曰く、「薩摩様には木曽三川工事の折に一方ならぬお世話になった」
「あの時の工事のお陰で私たちは死なずに済みました」
「今があるのは薩摩様のお陰です」と。
それに感動したという話だった。

…木曽三川工事って1753年?(今ググッた)
200年以上前の恩を忘れないという、町長さん凄い。
なんか和むと言うか、通りすがりの他県人だけど感動した。

木曽三川に生きる―長良川の流域の人々の声