341 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:02/04/10 03:03 ID:i3FtXoa.
大阪で一人暮らしをしている私のところに田舎から両親が遊びに来た。
1泊2日なのに妙に大荷物の父。
登山するひとが背負うようなリュックがパンパンになっていた。
私の家に入るなりリュックを開け、中から出してきたものはチンするご飯やレトルトのカレーの山。
「一人暮らしで大変だろうから」と、わざわざ実家の近くのスーパーで買ってきてくれたらしい。
私は「そんな重たいもの、大阪のスーパーで買えばよかったのに」と笑ったが、
父の気持ちがうれしくて泣いた。
群馬からチンするご飯を背負ってきた、ちょっと間抜けな父がとても愛しく感じた。

群馬の逆襲 日本一“無名“な群馬県の「幸せ力」
群馬の逆襲 日本一“無名“な群馬県の「幸せ力」