270:名無しの心子知らず :2008/11/12(水) 20:09:51 ID:uTU4Fo9G [sage]
5才娘、今日学芸会でした。くま役。

本当は妖精の役がやりたかったらしい。
オーディションとかがある園ではないので、
基本的には希望した役を全員がやれるのだけれど、
今年はあまりにも人数が偏りすぎて
「誰かくまさんの役をやってくれる人はいないかな?」
と先生に言われて、娘は「わたしやる!」と言ったそうだ。
でも、未練たらたらで、練習期間も
妖精はね、お洋服も可愛いんだよ~とかずっと言ってた。

帰ってきて玄関入って第一声が
「ねぇ、妖精可愛かったでしょ?」だったので、
「うん、妖精可愛かったよ。
でも、お母さんは、くまさんの娘子がもっとずっと一番可愛いと思ったよ」
って言ったら、ぎゅむっと私の腹肉に顔を15秒ほど埋めた後、
くしゃっと笑って「ありがとう!!」と言い、手洗いうがいしに洗面所に。
こっそり覗いたら、娘は洗面所のタオルで涙を拭いていた。

あーなんか一生大好きだよ、娘。
いや、死んでも絶対あんたのこと大好きだよ。

いま、幼稚園を選ぶ―あくまでも子どもが主役!