706 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2011/04/28(木) 16:36:54.77
友達の誕生日(男)にケーキを買ってあげようと思い
ケーキ屋に行ったらケーキに名前を入れれるサービスがあったので面白半分でたのんでみた
紙とかに名前書いてやってもらうのかなーと思ったら店員が直に「名前なんですか?」と聞いてきたので少し焦ってしまい
少し恥ずかしみに
俺「てつお…で」



嫁「てつおですねー、…てつお?」
と後からエ?って感じでてつおを二回言ってた
しっかりとチョコレートでてつおと書いてくれたのでそれを友人宅へ
友達に見せると爆笑されてそのエピソードを語ったらもっと爆笑された
そしてバレンタインデーになり彼女もいない俺はまた友達の家に男同士でバレンタインを恨むことに
ただ行くだけじゃつまんないなーと思った俺はあの事を思い出し前行ったケーキ屋に直行。
店員は嫁で俺の顔を見た瞬間「あっ」って小さな声でいってたのが聞こえた
俺はさすがに恥ずかしいので違う店員に頼んだら
店員「嫁さーん、名前お願いしますー」
嫁「はーい」

とまさかの嫁になり嫁が近くにきて名前なんですか?と聞かれる俺は恥ずかしながらも
また「てつおで…」と言うと嫁は笑ってた
それにつられて「ははは、変ですよね…?」
と意味不明ながらも話しかけてみた

嫁「あ、ごめんなさい」
俺「いえいえ、こっちが勝手に変な事してるだけですから」
というと嫁はこっちをみて「恋人なんですか?」と聞いてきた。俺は思わず吹いてしまい
「いやwあの、友達とふざけてやってるんですww」
と言うと「そうなんですか~、良かった」って言ったので「良かった?」と言うと
「いや!何でもないです!」と顔を真っ赤にしながらケーキに名前を書いてくれた

その後も俺はよく行くようになり嫁とも気軽に話せるようになりなんやかんやで付き合うことに
23歳で結婚して今に至る


嫁曰く俺がバレンタインにてつおと注文したのがその店でしばらく話題だったらしい

世界一楽しく儲かる金持ち教科書