241 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/11/29(月) 22:30:00 ID:4/OIFh5E
昨日の夕方。
家に帰ろうと歩いていたら、前方に蹲っている人が。
その蹲っている人の隣にはおじいさんが立ってて、
困っているのか周囲をキョロキョロしてた。
きっと友人か誰かが体調でも崩して困ってるんだ!って思って、
半ば「あんなにおじいさん困ってるのに、誰も助けないなんて!」って
呆れながら「大丈夫ですか?どうされました?」と、蹲っている人の顔色
を見ようとかがみこみながら話しかけた。

そしたら・・・
蹲ってる人だと思ってたのは、ただのデカイ荷物だった・・・
どうりで誰も話しかけないわけだ。
おじいさんは何か怪訝な顔をして去って行ったけど、
一部始終を見ていたであろう後ろを歩いてたお姉さんがブって吹くの・・聞こえました。
めっちゃ恥ずかしかった!

人生に必要な荷物 いらない荷物