758 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2009/10/21(水) 13:08:25 ID:l5SwVgajO
地元に小さいころから特別好きな路地があった。
そこは敷石にきらきら輝く素材を使っていて、夕方街灯が灯ると夜空みたいに一斉に輝く。
彼とそこを通ったときに何気なくその話をしたら、突然軽いキスをされた。(田舎なので周りに人はいなかった)
「これで俺にとってもこの路地が特別になった。」
目を細めて笑う彼を本当に好きだと思った瞬間でした。

日本の路地を旅する