14 :本当にあった怖い名無し:2010/09/25(土) 19:15:55 ID:8qjcbOGz0 ?2BP(0)
中3の時の話。

ある日いかにもこれは夢だなーと思う夢を見た。
見覚えのあるお墓だった。俺が生まれる前に亡くなった祖父のお墓だった。



因みに小学生の時は祖父の命日にお墓参りにいっていたけど、中学に進学してからは一回も行ってなかったかもしれない。
自分がお墓の前に立っていて、その後は自転車に乗って家に帰る流れ。
お墓から家に帰る途中に急カーブの下り坂があるんだけどそこを下っている途中に後ろから「あぶないよ」って言われて目を覚ます。
聞き覚えのない声だった。

朝になって、おかんに今日はお祖父ちゃん命日だよと言われた。

途中省略(学校生活)

学校からの帰り道。家まで帰る間にお墓と急カーブ坂があるんだけど、夢のことも気になってお墓によっていった。

その後、自転車で急カーブ坂を下っていたら・・・

事故が起こっていた。ワゴンカーと軽トラが追突したらしくワゴンカーの方は歩道に乗り上げて横転していた。
幸いどちらの運転手も軽傷程度ですんだ。

ちょうど夢の中で「あぶないよ」って言われたあたりだった。

もしかしたら祖父のお墓によっていなかったらまずいことになっていたかも・・・。



大まかな内容で申し訳ない。
自分自身では、あの日のことはかなり細かく記憶しているんだけど、話すとなるとどうもうまく言葉にならないや。
一言いうと不思議ですたm(_ _)m

民主党政権で日本経済が危ない!本当の理由