336 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2010/05/29(土) 00:19:04 ID:YAqnh749 [1/2]
空気読まずに初投下する。

我が家は母がクリスチャンで、子供の頃は近所の教会(プロテスタント)に毎週通ってた。
外国人居留地なんかのある街なんでそういう風習が馴染んでて、三が日をすぎた年の初めには
正月礼拝って名目で、近所の人や信徒さんの家族が普段よりちょっと多めに集まって
食事会なんかして年始を祝ったりした。



で、当時小学生だった自分、アメ人の牧師さん(おヒゲにピカピカ頭)に会って新年第一声のご挨拶。

「牧師さーん!あけおめー!!」
『オー。○○ちゃん、アケオメとはなんですか?』
「あけましておめでとう、の略だよ。あけおめ。」
『!!(゚∀゚)ナルホド!!!!』

日本の習慣をまた一つ覚えた!みたいなテンションで喜ぶおヒゲ牧師。
そこへ次に、やってきたのは中年の真面目で風格あるサラリーマンのオジさん。
ご本人は信徒じゃないのだけど奥さんがクリスチャンで、節目のイベント時のみ
顔を出される方で、慣れない場にやや緊張気味だった。発見した牧師さん、早速近付いて

『△△サン!アケオーメー!(超笑顔)』

普段は礼儀のある、恰幅良い外人牧師から飛び出た挨拶に(゚Д゚)オジさんポカーン

牧師さんは「あけおめ」がフランクすぎる挨拶だと気付かなかったらしい。
すぐさま周囲から「違うw」と訂正が入り、『オゥ…(*´・ω・)失礼しました』と恐縮する牧師。
「いやこちらこそ(・ω・`;)あ…あけおめ?」と思わず真面目に返すオジさん。
新年初笑いが広がりまくりつつ、外人信徒さんに感染しはじめる「あけおめ」の輪。
「誰だ教えたの!ww」と笑う日本人。逃げる小学生。

自分は結局洗礼うけず信徒にもならなかったのに、たまに顔出すと「久しぶり!」って笑顔で
お茶くれるんですそこの方々。別に洗礼しろとか誰も言わない。ご近所の集会所みたいな教会です。