113 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/09/29(火) 13:45:57 ID:GwdxsBTz0
愛猫を事故で亡くして落ち込んでいたとき、変な夢を見た。
正座で座っている俺の前に、今まで飼った歴代愛犬・愛猫たちが
きれいな横並びでお座りしている、そんな夢だった。
悲しんでる俺を慰めにきてくれた。そう思った。



久々の再会に嬉しくなった俺は「来てくれたのか!」と手を差し出した。
その瞬間、横並びの列から三代目愛犬クロベが飛び出してきて
思いっきり俺の掌に噛みついた。
そう、クロベは生前「ピラニア犬」とあだ名される程の、酷い噛み癖のある犬だったのだ。
ガップリと牙を立てたまま、首を左右にブンブン振って肉を食いちぎらんとするクロベ。
夢の中のハズなのに、痛かった。
「おまえ、死んでもそんなんかぁー!!」
と、叫んだ瞬間、目が覚めた。
夢の中でクロベに噛まれたところは、赤い歯形のような痕が付いていた。
「おまえ…これじゃ悪霊じゃねぇかw」
掌の痕を見ながら、そう苦笑いしたとき、不思議と悲しみが癒されることに
気がついた俺なのだった。

しかし…クロベに邪魔されなけりゃ、あいつらを思いっきりモフモフし倒して
再会の喜びを味わえたのに…と今でも口惜しく思う俺でもあった。

115 名前:本当にあった怖い名無し[] 投稿日:2009/09/29(火) 14:02:49 ID:GwdxsBTz0
あと、このクロベ。
俺が夢の中でおっかない“何か”に追いかけられた時も現れたことがある。
助けてくれるのかと思いきや、ヤツは思いっきり俺のカカトに噛みつきやがった。
その痛みで目が覚めたおかげで、“何か”からは逃げ切れたわけなんだが…。
なんか、いまいち守護されてる気がしない。


愛犬のために作るほんとの手作り食!


【全米が】なんか笑える霊体験14【テラワロス】