964 名前:ななしのいるせいかつ[sage] 投稿日:2009/05/29(金) 07:32:09
同棲中の彼氏が寝てる枕元で、屈んでごそごそしてた時、気と尻が緩んで、放屁してしまった。

一瞬間が空き、彼氏が爆笑しだした。

恥ずかしすぎて、「違う!これは違うの!」と、何故か弁解してた。


後から聞くと、寝てたら「ブリ」と聞こえて、何だ?と思って目を開けたら、私が彼を見ていたから笑ってしまったそうだ。
彼はそこで「こいつか…」と。




★穴があったら入りたい程の恥ずかしい思い出2★