713 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/11/14(金) 10:19:30 ID:RuUbhqBa
高校生のころの話を思い出した。暗くなった帰り道で後ろからガバッと
抱きつかれた。幸い、大声を出しながら暴れると、男は走って逃げた。
たったそれだけのことなのに、腰が抜けて震えが止まらなかった。

彼に話すと、第一声が「お前にも隙があったんじゃないか?」だった。
当時は真冬で、もっさりしたロングコートを着ていたし、挑発するような
格好ではなかった。よく被害者の落ち度を責める話を聞くけど、まさか
彼の口からそんな言葉が出るとは思わなかった。
当然、ざーっと冷めた。




百年の恋も冷めた瞬間! 72年目
http://changi.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1225293364/