346 名前:名無しさんの初恋[sage] 投稿日:2006/04/17(月) 02:49:27 ID:2BjeEoF2
中学2年生の頃付き合ってた彼。
別れてからもスキで、彼を追いかけて同じ高校へ行った。
たまに自転車の後ろに乗せてくれた。彼のにおいが大好きだった。
私には他の彼氏ができたけど、彼にはずっと恋人がいなかった。
お互い大学へ進学してからも、何度か逢った。免許を取ってすぐに助手席に乗せてくれた。
ずっとずっと大好きで特別な人。
でも、彼女になりたいとかじゃなくて・・・。ただ大好きなんです。
就職してからもあたしの恋の悩みを聞いてくれたりした。
ある日彼は涙を流しながら震えて言った。
「ずっと・・・今でもおまえが大好きなんだよ。」
あたしの心も震えた。

あたしは他の人と来月結婚する事を決めた。
でも彼には言えない。
今でも何かあると頼りたくなってしまう。やさしく包んでほしい。声を聞きたい。
でもそれはいけない事だと思ってる。
これからもこの気持ちは消えないけれど、彼を頼ってはいけないと思う。
そんな26歳の春。







  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる