595 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2009/09/15(火) 05:24:21 ID:UwpwISM9O
ここでひとつ、じんわりするお話を。

4年程前、生まれつき病弱で小柄なセキセイインコをペットショップで引き取って飼ってた。
飼い始めてからの一年間、週に一回は動物病院に通う程の病弱ぶりで、私も仕事を減らして看病にあたっていた。

だけど、どうしてもその日ははずせない仕事があり『すぐ帰るから頑張れよ』と撫で撫でして仕事に出た。
四時間ほどで帰宅したら、鳥かごの床に羽を半開きの状態で息を引き取ってた。

泣いて泣いて、それから一ヶ月ばかり過ぎて、漸く落ち着きを取り戻してきた頃のある早朝。

寝ている私の額をつつく感触。低血圧な私は、何かの気のせいだと思ってそのまま寝てた………したら、突然鼻の頭を『かぷっ』て噛まれた。
その痛みは間違いなく、鳥のクチバシで噛まれた痛み。
びっくりして飛び起きたら、私を噛んだその鳥はバッと飛び立ち、消えてしまった。
だけど、飛び立った瞬間に見えたあの羽の色、模様は間違いなく死んでしまったあのセキセイ。

冷静になってよくよく考えたら、丁度その日は四十九日に当たる日で、わざわざお別れに来てくれたかと思うとまたじんわり。

あれから姿はさっぱり見ないので成仏したのだと思っているが、オーストラリア原産のセキセイインコにも四十九日って関係あるのかしら………というお話でした。







  1. クラスの可愛い子のスク水の臭い嗅いだ結果。。。
  2. 庭に水撒きをしてたらTシャツ&ショーパンの若い娘が通りかかったので・・・
  3. 看護士の女性陣と合コンやった結果を報告するッ!!
  4. 肛門に24センチのボトルを突き刺した男性 医師「なんで入れたの?」 男性「察してください」
  5. 東北(新潟、青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)に行って驚いたこと
  6. よく行く映画館のフードコートにいるいかにも ホームレスみたいな人にはお金あげてる