ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報


ヘッドライン

娘「痛いのやだよ~(泣」 母「痛くないってば」 娘「痛いのいやだああぁぁ~!」

237 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/04/10 13:48 ID:aJglVpGd
近所の美容院の前で。
小学校低学年くらいの女の子とそのお母さん。

娘「痛いのやだよ~(泣」
母「痛くないってば」
娘「痛いのいやだああぁぁ~!」
母「痛くないって言ってるでしょ!」
娘「ママの嘘つきいいぃぃ~うわああん!」

そのまま美容院の中に消えていきました。
何かイヤな思い出でも?暴力美容院?


240 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/04/10(木) 14:36 ID:NxGg9oHU [1/3]
母「あら、あなたずいぶん髪伸びたわね。(この子もそろそろお年頃。私のカットじゃ
かわいそうかもね。)よし、今日はお外で髪切ろうか!」
娘「お外で!?わーい!いくいくー!」
母「そぉお?うふふ、じゃあ予約しておかなくちゃね。」
娘「よやく?予約がいるの?ふーん。」
母「(美容院のチラシ←電話番号が書いてある を探しながら)そぅよー。美容院は予約なのよー。」

娘「え・・・・・?いまなんと・・・・・・?」
母「予約しなきゃなのよー・・・と、あったこれこれ。」
娘「そのまえのところでござる。いまたしかび・よ・う・い・ん・と・・・?」
母「(ピッポッパ)そうよ~。髪は美容院でしょ?・・・あ、もしもし?予約したいんですが・・。」
娘「(殺られる!ふっとい注射で!)」
母「はい、はい、じゃ、おねがいしますね~。(チン)さ、でかけましょ!」

娘「ぁあぁあぁあぁあぁあ!!!!!」
母「どうしたの!急に!」


241 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/04/10(木) 14:47 ID:NxGg9oHU [2/3]
美容院と病院を勘違いしたと書きたかったのに、親子の会話を書くのが楽しくなってしまい、
肝心なところを書くのを忘れた。


無茶な割り込みをしてきたワゴンRにクラクションを鳴らしたら

49 名前:おさかなくわえた名無しさん メェル:sage 投稿日:04/02/11 02:45 ID:ogzPoMG2
無茶な割り込みをしてきたワゴンRにクラクションを鳴らしたら、
急停車しジャージを来た頭の悪そうな若者が怒鳴りながらこちらに向かってきました。
窓を開けろと言うので、窓を開けたら右手で胸倉を捕まれ、
顔を思いっきり近づけてガタガタ言い出したので、パワーウィンドウを閉めてやりました。
当然、右手と顔は挟まってしまい、悲鳴をあげるDQN。
「しっかりついて来いよ!」声をかけ、車を発進させてやりました。
徐行しながら100メートルほど走らせ、窓を開けて開放。
走り去る時バックミラーで確認するとDQNは座り込んでいました。
深夜だったので誰にも見られなかったと思うのですが、少々やりすぎたと反省しています。


リア消のころ、友人と小説交換(もちろんオリジナル)をしていた。

141 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 投稿日:04/03/23 11:19 ID:xI5msJDU
リア消のころ、友人と小説交換(もちろんオリジナル)をしていた。
そして、私は友人の小説を受け取るたびにそれを自分の日記に書き写し、
赤ペン先生のごとく自分で添削して、「あの子ヘタクソだわ。アテクシだったらこんなに上手に書けるのに☆ミャハッ」と思っていた。
そして3学期、小説のクライマックスが書けなかった自分は、
当時ハマっていたライトノベルをそのままパクる。人名を変えただけで、セリフや動きはそのまま。
それをいかにも自分で書いたかのように見せ、友人から「うまいね~」などと言われていい気になっていた。

明らかに文面が違うから、友人はパクりだと気づいていたかもしれない。
友人を馬鹿にする前に自分の頭を添削するべきだろ・・・_| ̄|○
ごめんよ、あの時の友人。


悟空 「おめえたちにわかりやすく浪人生のことを 教えてやろうってんだ」

383 名前:名無し職人[sage] 投稿日:2005/11/17(木) 22:23:41
悟空 「おめえたちにわかりやすく浪人生のことを
教えてやろうってんだ」
 バビディ 「よけいなおせわだ。そんなつまらないこと知りたくもないよ。」
 悟空 「まあそういうなよ。まずこれがふつうの状態だろ」
   ボウッ!!!
 悟空 「これが浪人生。そしてこれがさっき見せた浪人生を
越えた浪人生・・・ 二浪生ってとこかな」
 ばびでぃ 「くだらない変身だよ たいしてかわってないじゃん」
 悟空 「(ニヤッ)そして・・・。」
 クリリン 「ハッタリだろ悟空?ま、まだ浪人するなんて・・・!?」
 悟空 「そしてこれが・・・!!」
 界王様 「よせ悟空!! そいつをやってしまうと就職が・・・!!」
 悟空 「ぐ・・・ぐ・・・ぐががが・・・があああああ・・・!!」
 天津飯 「ち、地球全体がゆれている・・・
孫のやつどうなってしまうんだ・・・!?」
 バチッ!! ビリビリッ!! ビビッ!!
 悟空 「これが三浪生だ・・・時間がかかってすまなかったな
まだこの変化に慣れていないんだ・・・」

 悟空 「さっきの三浪生ってのは、宅浪生しかなっちゃダメなんだ・・・
世間体ってもんがあるこの世ではみんなに蔑まれてへとへとになっちまう・・・」

https://hobby7.5ch.net/test/read.cgi/owarai/1123271017/

ちょっと・・・ギュッてしてほしいんだけど・・・

739 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2019/02/13(水) 22:17:23.26 ID:M86nQPHH
照れが出てきてあまりベタベタしなくなってきた9歳長男が
「かーさん、ちょっと・・・ギュッてしてほしいんだけど・・・」と言ってきたので
「いいよ!おいで~ギュ~!」としていると、3歳次男が焦った顔して
「ボク!ボク!つぎボクのばん!おかしゃんギュッてして!ボクもギュ~!ボクもボクも~!!!」
と両側から抱きつかれ、苦しいやら嬉しいやら幸せだわ。
もうホント二人ともかわいい。


高そうなスーツを着こなしたリーマン三人が、 気の弱そうなOL風を囲んでナンパしていた。

517 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/02/11 15:10 ID:cm1MrYKT
電車内で、高そうなスーツを着こなしたリーマン三人が、
気の弱そうなOL風を囲んでナンパしていた。
彼女はすごい嫌がってるのだけど、三人組はしつこくからむ。
そこに乗り込んできた肉体労働者風の男。
週刊現代のグラビアを見ていたが、
騒ぎに気がつきキョトンっ?とした顔で、
「おい小僧。そこのレディが嫌がってるじゃねえか。
犬や猫じゃあるまいし、こんなとこで発情するなや」
三人組の一人「うっせえな!臭えオヤジは引っ込んでろや」
肉体労働風、長袖シャツをしばしクンクンと嗅いでから、
「男の匂いのわからんガキに世の中はわからんぞ」
・・・
けっこうな渋い低音の声だったのと風貌のせいで、
三人組はすごすごと退散しました。
その男は、周りの憧れの視線の中、
平然とグラビアの世界に戻ってました。

おいらは爽快な気分になりましたよ。


いいお父さんになるだろうなぁ、あのお兄さんは。

169 名前:ななしのいるせいかつ[] 投稿日:05/02/10 23:41:23
この前、電車の中でのこと。

電車がホームに入ってスピードが落ちてきたころ、制服に制帽姿の小学生の
男の子がドアのほうに駆け寄ってきました。
すると、大学生くらいのお兄さんがすぐあとを追いかけてきて、
その男の子の肩をトントンと叩いたのです。
どうやらその子が定期か何かを落としていったらしく、お兄さんは忘れ物を
手渡していました。
受け取った男の子のほうも、ちゃんと頭を下げながらお礼を言ってました。
いいなぁと思ってみていたら、そのお兄さん、自分の座席に戻る間際に、
制帽をかぶった男の子のあたまを優しくぽんぽんと叩いたのです。
無言だったけど、「気をつけるんだよ」みたいな感じで。

あの、ぽんぽんっていう動作がすごく優しくて、イイ!と思った。
あたまを撫でられたほうの男の子も、お兄さんを見上げてて。
かわいかった。

いいお父さんになるだろうなぁ、あのお兄さんは。

https://life7.5ch.net/test/read.cgi/lifesaloon/1103530464/

少年野球の合宿で肝試しをする事になった。

397 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:03/07/06 03:00 ID:hg8yeg8L
俺の話じゃないが、
消防の頃、少年野球の合宿で肝試しをする事になった。
コースは林道をぐるっと一周してくるだけの単純なもので、
一人ずつ出発しては到着し、「結構こわかった(w」などと
談笑してたんだが、そのうちAがいない事に気付いた。
心配になった先生と共にコース周辺を捜索したが見当たらない。
ヤブァイ遭難したのでは?、と思ったそのとき
誰かが「歌が聞こえる・・・」
確かに聞こえる。コースとは関係ない藪の中からだ。次第に近づいてくる・・・
「・・・アン、アン、アン、トッテモダイス~キ、ド~ラエモ~ン!」
ガサガサっと崖を這い上がってくる人影。一同硬直。
全身泥だらけになり、肘から血を流しながらも笑顔で「迷っちゃたよ~(w」
っとキャプテンA無事帰還。。。

無理に明るく振舞っていたが、当人は人生最悪の瞬間であったに違いない。


朝、目覚ましを消そうとして一生懸命

430:09/06(火) 17:26 [sage]
朝、目覚ましを消そうとして一生懸命
隣で寝てたねこたんの頭をチョップしてた。



親の心子知らずは本当だということ。

636 名前:29歳[sage] 投稿日:2005/05/03(火) 12:01:58 ID:27zBStdk
親の心子知らずは本当だということ。
中学生の時、進路を決めるにあたって自分の希望を書くよう担任から言われた。
用紙に自分の希望を書き、その下に子どもに対する親の意見、希望を書く欄があったので
父に渡して書いてもらった。
父から返ってきた用紙には「頑張って希望の進路に進んでほしい」などと書いてあった(と思う)
その頃は何かと親に噛み付きたい時で、つい「こんな言葉、隣のおじさんがいいかげんに考えたって
すぐ書けるじゃん。親のくせにこの程度しか考えてないんだな」と言ってしまった。
父は何も言ってこなかった。
でも親にとっては子どもが幸せになることこそが一番の希望で、それが一番難しいことだと
この歳になってわかった。
父さんごめんなさい。


夜勤のため仮眠とってる旦那の目覚ましがなると

735 名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2019/02/13(水) 20:54:21.86 ID:wAgBO4jF
夜勤のため仮眠とってる旦那の目覚ましがなると「あ!」って言って寝室に走って旦那を起こす息子がかわいい
ちゃんと掛け布団とって顔をペシペシ叩いて起こしてる
私そんな起こし方したことないのにww
旦那も「夜勤の日に起こしてもらうと一番に目に入るのが息子で幸せ」って言ってて羨ましいww
息子はベビーベッドで寝てるから私が起こしてもらうってシチュエーションがないからなー


もしかして痔じゃないよね?

125 名前:病弱名無しさん[sage] 投稿日:03/08/20 15:44 ID:CXQYnn0R
当方♀ですが、ちょっとお尻のあたりに少し痛みがあって「もしかして痔じゃないよね?」
とか思いながら体育座りの足開いた状態で鏡を向けて覗いてたらいきなり妹がノックもなしに入ってきて・・・
びっくりしてなにも言えなかった・・・妹はとっさになんでもない顔で「あ、ごめん。掃除機借りるね(私が使ったまま自分の部屋に置きっぱなしにしていたので)」
っていって出ていったけど、「あ、ごめん」って・・・絶対勘違いされてるって・・・以来この話題はお互い口にだすことはないけど、その時は恥ずかしさのあまりものすごい歯を食いしばって歯ぐきから少し血が出たほどでした
ひそかに妹がこれ見て誤解を解いてくれることを願ってるんだけどそんなわけないし、いまさら弁解するわけにもいかないし。最悪すぎます・・・


ウチのじじ犬オンリーだけど漏れ夢で犬と会話できるっぽい。

668 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/06/27(火) 16:08:10 ID:+kLQu7z+0
ウチのじじ犬オンリーだけど漏れ夢で犬と会話できるっぽい。
じじ犬と同じ部屋で寝てると大概じじ犬と喋ってる気がする。
「若いの、女はまだ出来んのか?」
「うるさいよじーさん。去勢されとる奴に言われたかないわ」
「やかましい。お前に種無しになる辛さが分かるか」
「知らんね」
「なら教えてやるわ」
「まぁ待て落ちつけじじい」
「お、宅配便がきおったぞ」
「マジで?起きるわ」
これが一番新しい会話。一昨日の。この日は覚えが悪くて全部覚えてはいなかった。
そんで起きた時、ちょうどチャイムが鳴ってクロネコが来てた。
漏れは近所の人が知ってる以上に近所の事について詳しい。
じじ犬に教えてもらった事をうっかり言った事で
近所の人が解雇されたのを暴いてしまってエラい事になった時もあった。
俺が大学行ってる間の事もなんもかんも知ってるし、犬だから誰も警戒
しないんだろうな。
確か高2くらいからだった気がする。分かる様になったの。部活から帰って来て
畳の部屋で寝てたら声掛けられたんだよな。
歳なのは分かるけど、「若いの」って呼ばれるのはちょっとアレな気がする。

皆妄想だとか言うけどねー。

https://ex13.5ch.net/test/read.cgi/gline/1151185499/

俺達家族は毎日和菓子屋廻りを続けるのだ。

849 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:04/03/29 12:24 ID:7Ju1lKfT
近所の和菓子屋が閉店した。
和菓子屋っていうのは大抵年寄りが経営してるもんで、そこが閉店するってのは、
即ち経営者が「店頭に立つのが無理になった」ということだ。

たまたま店の前を通りかかって気付いた俺は母親に電話すると、母は既に
知っていた。
「そうなのよーあそこのお爺ちゃんとうとう自分で小豆煮れなくなっちゃってねぇ。
 息子さんはサラリーマンだし、今時後継者もいないしねぇ」

母はその店のみたらし団子のファンだった。自分自身かなりの高齢なのに、
よく和菓子屋までてくてく歩いて買いに行ってたもんだ。
店が閉じる数日前にも偶々団子を買いに行き、閉店の話を店主に聞かされたという。

それから母の探索が始まった。
その店のみたらし団子に引けを取らぬ味を求め、今日は鎌倉明日は目白、
俺に「みたらし団子」でググらせてまで、あちこちの団子を試食して廻る。
背骨を傷めているのでそんなに遠出は出来ない。加えて年よりは好みが五月蝿い。
 「あの店のはもっと小粒で焦げ目が丁度良くて甘みもほどほどで・・・・」
てめーの脳内にしか存在しない、美化された"味"などそうそう見つかるものでもない。

いろいろあって母は残り時間が少ない。自分でも判ってるらしい。
なんとか母に「あの店を凌駕するみたらし団子」を喰わせるべく、
俺達家族は毎日和菓子屋廻りを続けるのだ。


小さな店で一人勤務しているんだけど、先日お釣りが足りなくなった。

939 名前:長文スマソ[] 投稿日:04/03/11 19:45 ID:6rKX6rLz
じゃあ私が。
小さな店で一人勤務しているんだけど、先日お釣りが足りなくなった。
遅番の人が来るのもまだまだ先、でもレジの中の100円玉はあと2枚。
一人勤務なので、両替に店を出ることもできず、小口現金も自分の財布もさらって、
もうだめだ、これからのお客さんには50円玉で許してもらおう、と思ってた。(お釣りが細かくなるとイヤな顔するお客もけっこういる)
そこに、ちょっと優しそうなお兄さんが会計に来たので、
「申し訳ありません、もし100円玉をお持ちでしたら両替していただけませんか?」と恐る恐る聞いてみた。
お兄さんは、財布からポケットからカバンの中から全部ひっくりかえしてくれて、
「いやあすみません、ないですね~」と申し訳なさそうに…
ご親切にありがとうございましたとお見送りしたんですよ。

数十分ののち、さっきのお兄さんがまた来たなあと思ってたら、
財布やポケットから20枚あまりの100円玉を出して、「これで乗り切れますか?」って。
うちの店を出てから、本屋で買い物したら100円玉いっぱいお釣りでもらえたからって、わざわざ戻ってきてくれたんです。
抱えてたのは、どう見ても雑誌を1冊買っただけのような紙袋だったし、
お釣りも「細かいのでくれ」と言わなければ500円玉が混ざってきますよね。
気にしてくれたんだなあと思って、申し訳ないのと嬉しいのとで複雑でした。

おかげさまで、遅番の人が来て両替ダッシュするまで、なんとか持ちこたえられました。
あれ以来、店長に言ってお釣りの数を少し増やしてもらったよ。ありがとう、お兄さん。


LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
復調しました。みなさま励ましのお言葉ありがとうございました^^


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
amazon+
ハレ婚。(17) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
Black Jack―The best 14 stories by Osamu Tezuka (15) (秋田文庫)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ