ほんわかMkⅡ


 □2ちゃんねるまとめ
 □動画・あんてな・記事紹介


ヘッドライン

これからも初心を忘れずに頑張りたいと思います。

110 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:04/07/21(水) 13:14
ウチは遠距離なんで、些細なことがとにかく嬉しいです。
メールが来ると嬉しいし(一応1日1回という事に決めてる)電話あって
声が聞けると舞い上がりそうに嬉しいし、会えた時なんて、もう。。。
でもそう思ってるのが私だけじゃなくて彼も同じ気持ちで居てくれるのが
ああ、愛されてるのかなあって思う。「メールすっげー元気出た!」とか
「声聞けてすげー嬉しい!」とか些細なことだけどお互い感謝しまくり。
会うのは中間とった場所でなんだけど、またまたお互いに
「来てくれてありがとうありがとう、本当にありがとう、会えて嬉しい」
連発。しまいには「好きになってくれてありがとー!」「告白してくれてありがとう!」
・・・キリがないのですがこれからも初心を忘れずに頑張りたいと思います。
早く結婚したいなあ~。

同性婚賛成?反対?

466 名無しさんにズームイン! sage 2015/05/10(日) 14:50:14.15 mm7+f++a
腐女子の姉ちゃんも反対してた
日陰でこそこそやるからストイックで萌えるのに合法的なホモに何の魅力もないとかどうとか(´・ω・`)


569 名無しさんにズームイン! sage 2015/05/10(日) 14:52:11.56 8Ub1ni68
>>466
ワロタw

しかし、理解できる気がする・・・
オタクだって最近はやたらにオープンにしてる奴が増えたが
本来はアングラな趣味なんだからもう少し隠せって思うし

http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/tomorrow/1431934329/

ちょっとヅラかせや  あ?

212 名無しさんにズームイン! sage 2015/05/16(土) 18:25:05.91 3BCXZtPV

   彡 ⌒ ミ         彡 ⌒ ミ
   (´・ω・`) あ?     (`・ω・´) ちょっとヅラかせや
  /~ヽ ; i )         ( i ; ヽ~ヽ
  (⌒'J⊂ノ⌒)      (⌒ヽ⊃し⌒)
 (_)  (_)      (_)  (_)


お風呂上がりに下着入れからだしてはいたパンツが新しい事に気づく

517 名前:名無しさん@HOME[sage] 投稿日:2015/05/22(金) 14:42:18.38 0.net
昨日の夫
お風呂上がりに下着入れからだしてはいたパンツが新しい事に気づく

夫『履きやすいねこれ気に入った』
私『それLLサイズだよ』
夫『なんか大きすぎるな、ぴたっとしないし…』
頑なに自分はMサイズだと言い張るけど
夫よ、そのお腹と体重計の数字から目を背けるな現実を見ろ

http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/live/1397474643/

少し前に猛アタックされて付き合いだした彼

631 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2015/05/22(金) 23:44:35.24 ID:ja6/Qh9j0.net
少し前に猛アタックされて付き合いだした彼

あ、この人だと思ったひとに真剣に告白されたのも幸せだし、
いつもさりげなく手をつないでくれて、めちゃくちゃ安心する匂いがする
仕事はまじめで同僚からは信頼されてるみたいだし、きちんと稼いで堅実に資金を増やしている
たまに美味しいご飯食べに行って少し飲んで楽しく酔わせてくれる
裏表もなく、浮気なんてなんのその、私のことが大好きみたいでまわりにこっそり自慢しているらしい
みんなのまわりではキリッとしてるけど、2人だとふわって笑ってスキンシップをいっぱいくれる
奥手な私のペースに合わせて関係を進めてくれるしキスがとても優しい
休日はドライブに連れて行ってくれる

幸せすぎる

http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/ex/1395234724/

俺の友達のイケメンはマックの姉ちゃんに

498 名前:既にその名前は使われています[] 投稿日:2008/06/26(木) 15:49:25.51 ID:mEDwZ8Xw
俺の友達のイケメンはマックの姉ちゃんに「スマイル下さい。これ代金」ってメアド渡してた
こいつどんだけだよって思ったが、その後普通に付き合っててムカついた

付き合い始めて一ヶ月目。キスどころか手もつないだこと無いけど、

87 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:2005/05/19(木) 00:50:21
付き合い始めて一ヶ月目。キスどころか手もつないだこと無いけど、
昨日彼が部屋の合鍵をくれた。照れ屋な人だから、ただ一言「はい」って。
すごい嬉しかった。時々だけどそういうさりげなく優しいところが好き。

彼は愛の為に犯罪を犯しているのであって私利私欲のためじゃないんだよ!

21 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 04/04/27 22:23 ID:xIlSoxeo
ランチタイムの食堂にて
OLさん3人組の会話
A:「だからね、彼は愛の為に犯罪を犯しているのであって私利私欲のためじゃないんだよ!
  彼女が、○○欲しい~とか言うからその望みをかなえようとしてるだけ」
B:「ただの悪者じゃないんだ。愛に生きる男なのね」
C:「そうそう、しかも女は毎回毎回、他の男に走るし。それでも彼は、彼女の為につくしてるんだよ。
  ドキンちゃんは魔性の女だよ。峰藤子以上だね。」
B:「いいな。あんパンマンってそういう話だったんだね。知らなかったよ」

そういう話でしたっけ?

今日電車の中で、隣の人が首をコクリコクリとしてる女性だった。

48 動け動けウゴウゴ2ちゃんねる  04/06/25 00:51 ID:02dNgWK1
今日電車の中で、隣の人が首をコクリコクリとしてる女性だった。
んで、よっぽど眠たかったのか、グデーっと漏れの肩に頭を預け、スヤスヤと眠ってしまったんだよ。
その時にめっちゃくちゃ良い匂いがしたなぁ…。

んで、漏れが降りるべき駅に到着したんだけど、ここで動くと起きてしまうから
そのまま通過してしまったんだよ。
そこで気付いたんですよ…「あ、これ快速だ…」って。

結局、本来降りるはずだった駅から7~8駅くらい先の駅でやっとその人が起きて
「あ、すいません…!」って謝ってきたんだよ。
漏れは「いえ、いいんですいいんです」って言って、その女性と一緒に電車から降りたのね。
んで、そこからまた反対側のホームに階段で移動したんだけど
そこになんと、さっきのコクリコクリの女性がいるではありませんか。

お互いに「?」の文字を頭に浮かべて、その後に、どうやらお互いが乗り過ごしたことを理解し
漏れはプッ!と吹き出し、女性は申し訳なさそうな顔をしたんだこれが。
「ごめんなさい、私が寝てたからですか?」って言ってきたから、「いやぁ、違いますよ、キニシナイで下さい」って。

結局その人、電車の中でもずっと「すいません」って平謝りだったんだけど
ものの10分くらい経つと、またコックリコックリ…。
そこで漏れは、結構勇気を振り絞って「今度は起こしますから、寝てていいですよ」って言ったんだよ。
そしたらその人、ちょっと苦笑い(照れ笑いだったのか?)して「すいません、お願いします」って言って
漏れの肩に頭を預けて、スヤスヤと眠りについてしまったんだ。

なんか、夢のような20分間だったなぁ…家に帰ってきて2ちゃんねるを開いてる今でも
「あれは現実だったのか?」って考えてしまう。

玄関から弟のの太い「キャ~」という悲鳴が聞こえてきた

282 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2008/05/23(金) 10:36:24 ID:zoBrEv+1
今朝、玄関から弟のの太い「キャ~」という悲鳴が聞こえてきたので行ってみると、
猫嫌いの弟のバイクのヘルメットに、近所の猫がアンモナイトのようにすっぽりと納まって寝ていた。
怖くて触れない弟は、「ねーちゃん車貸して!」と車で出勤する事に。
鍵を貸してしばらくすると、庭からまた「キャ~」と弟の悲鳴が。
行ってみると、私の車の上で、さっきの猫の子猫たちが日向ぼっこしていた。
「子猫くらい追い払えないの~w」と言ったら、ムッとした弟がシッシッと手を振って子猫を追い払おうとしたのだが、子猫たちは狩り遊びと勘違いしたのか、一斉に弟の手にじゃれついてきた。
「キャ~!キャ~!」と叫びながらも、触れなくてスーツの腕から取れない子猫達を、スーツごと脱いで庭に放置。
スーツでしばらくじゃれついて遊んだ子猫たちは、その上でスヤスヤとお昼寝をはじめた。
ボーゼンとする弟と、猫たちの寝顔に和む私。
そうだね~メットも黒もスーツも、色が黒いから太陽の熱でポカポカね~ww

おれのじいちゃんは、戦争出てた

540 名前: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 投稿日: 2008/05/11(日) 00:19:42.92 ID:Xz9CAG6r0
おれのじいちゃんは、戦争出てた
隣の県に住んでるじいちゃんだったけど、
たまにうちに泊まりに来てくれて、そんときは一緒に寝てた
そのじいちゃんち泊まりに行くときも一緒に寝てた。オレが寝室にあがりこんで
そんときは戦争の話してくれた
一番残ってるのは何か壕みたいなとこに身を伏せながら
銃撃戦をやってる話
「ピューン!!!って弾が耳元かすめたぞ!!!」 とか
「友達はいっぱい死んでったけどおじいちゃんは頑張った!!」 とか、
子供のオレには死んだじいちゃんの友達より、その戦ってる話が
まるでウルトラマンかのように感じて、wktkしながら聞いてた
そんなじいちゃんはおれが高校1年のとき死んだ
葬式にはじいちゃんの戦友という方がいらっしゃった
葬式のときに告辞?みたいのがあるじゃん?それをその戦友さんがやったんだけど、 出だしが
「思い返せばあなたとであったのは満州の大地ででしたね・・・」
からだった。満州が中国北部辺りってこと以外わからない俺は、
あのヒーローなじいちゃんはリアルだったんだってことを感覚として改めて刻んだ
葬式のあと、その戦友さんがオレにいろいろ教えてくれた
「あなたのおじいさんはね、偉い人だったんだ
ある日、あんまり食べ物がないものだから、あなたのおじいさんの部下が食べ物をこっそり食べてしまったんだ
その次の日、あなたのおじいさんの上司がそのことに気付いて誰が犯人なのか、って怒ったんだ
あなたのおじいさんは、実は自分の部下が食べたのを知っていた。なのに、あの人は『自分がやりました』って言うんだ
そのあと、部下の前なのにすごく殴られたり蹴られたりしてね
私は聞いたんだ『なぜあんなに正直に聞いたんだ』って
そしたらあの人は
『自分の命令一つで死地にやったりすることもあるんだ、 こういうときくらい自分が傷ついておくべきだろう』って
すごく立派な人だったよ・・・」
あんなに戦争の話をしてくれたじいちゃんはおれにその話をしてくれたことがない
おれは涙がとまらなかった

嫉妬とかされたことない。

59 名前:恋人は名無しさん[] 投稿日:05/01/24(月) 21:14:34
愛されてるからかどうかはまだ微妙だけど・・
彼はいつもむっつりしててあまり感情出さない。
嫉妬とかされたことない。でもこの前旅行に行くと言った時。その時はふーんいいねえ
と流されたけど数時間後一緒に寝てる時耳元でささやかれた

「旅行誰といくの?友達?」
「え?あ、うん」
「その友達って女の子だよね?」
「あ、うん。女の子」 「・・・」
そのまま強く抱き締められて、もしかしてけっこう愛されてるのかなあ?と
思いながら萌えました

普段何考えてるかわからん人だからすごいうれしかったよ

あのー…ここだけの話、こんなんなってるんです。

305 名前:名無しさん@どーでもいいことだが。[sage] 投稿日:04/07/14 22:06 ID:Kqb3T3UV
むかしの和んだ話をば。

冬の寒い日、少し遠くの画材屋に画材を仕入れに、電車で出かけ、その帰り。

シルバーシートをふと見ると、知り合いの作家さんのAさんが座っていた。内心、「ちょっとやだなあ…」とか思ったが、
コートのお腹辺りを押さえていたので、腹痛か何かで大変なのかと思いつつ、声はかけないで気づかないふりをしていた。

で、電車が止まり、お年寄りが乗り込んできたのだが、運が悪いと言うか何と言うか、Aさんの前に来てしまった。
で、Aさんは少しばかり迷った後に、お年寄りに席を譲ったのだが、立ってる間、何故だか腰を曲げ、微妙に挙動が不振だった。

で、向こうもこちらに気づいたのか、軽くこちらに挨拶してくれたので、近づいて、「すいません、体の調子でも悪いんですか?」と
聞いてみたらば、Aさんは困った様子で、「いやチョッとですね…○(自分)さんは動物平気ですよね?」と言ってきた。
肯定すると、「あのー…ここだけの話、こんなんなってるんです。」と、コートの腹の部分だけボタンを外し、中を指すと…

にょきっと、真っ黒いチビにゃんこが生えてきた。白靴下履きの、生後三ヶ月たってないだろう、美人にゃんこ。

(*´∀`) とした表情で、どうしたのかを聞いてみると、「いや、あのーバイト先の裏口に、かさかさ移動する箱が有ったので、
あけて見たら、この子の兄弟たちと共に…ほら、そうすると見捨てられないでしょう?ね?寒いし、危ないし。」

で、とりあえずコートの中に入れておくのもアレだし、画材屋さんの紙袋を差し上げて、しばらく猫談義。

一ヵ月後、即売会でAさんと会い、その縁で家に遊びに行くと、件のにゃんこは、見事な美人に変身中。
長ったらしいけど、とりあえず和んだのです。めちゃくちゃ和んだのです。納得してください。

おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
リンク集追加
作業が遅いのでしばしお待ちください。

ブログ名変更しました。
ほんわか2ちゃんねる

ほんわかMkⅡ
です。
気が向いたらで結構ですのでリンク・ブックマークなど変更をお願いいたします。


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
amazon+
QRコード
QRコード
スポンサードリンク
  • ライブドアブログ