ほんわかMkⅡ


 □おすすめ
 □更新情報


ヘッドライン

女の子の転校生がクラスに来た。

343 名前:彼氏いない歴774年[sage] 投稿日:2010/01/25(月) 13:16:40 ID:9B612C6/
孤独まっしぐらだった学生時代、女の子の転校生がクラスに来た。
可愛い転校生で皆にちやほやされてたのに、こともあろうに私に話しかけ続け、
その転校生は私と同じ扱いどころか、いじめられるようになった。
それでつい、二人で一緒に昼休みに話してるときに、
「私なんかと一緒にいなかったら…ごめんね」と言ってしまった。
そしたら、その子けらけら笑って、
「なんでよー(笑)私間違ったことしてないもん(笑)悪口とかいじめとかね、小さい小さい。
そんなもんさせときゃいいんだって。くだらないんだから。
それに、義務で一緒にいるんじゃないよ(笑)仲良くなれて、嬉しいもん。
あの教室の中で、見た瞬間、優しそうな人だなって思ったんだよ」
ってさらっと言ってくれた。子供ながらに、強くて綺麗な人だと思った。

あれから何年も経つけど、今でも心に強く強く残ってます。




Akumaで少女(嵐を呼ぶ転校生)

一通り心配な人たちを巡回

514 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2010/01/24(日) 23:54:16 ID:Nz89AzOq0
去年の6月、母方の祖父が亡くなった。
無事に旅立ったもんだとばかり思っていたが、何人かの所に様子を見に来ていたらしい。

まずはうちの弟のところに来た。
弟は難病を患ってて職に就けず、無職。
亡くなる直前からの徹夜続きで体調を崩し、通夜の前に自宅で休んでいたところ、
玄関と居間のドアが開く音がしたので振り向くと、そこに満面の笑みの祖父。
思わず泣きじゃくって抱きついたらしいが、弟を確認した後、すぐにいなくなってしまったとのこと。
続きを読む

日本のお弁当は魔法だ

362 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/01/24(日) 22:56:03 ID:jY8QNnJx
280 名前:スペースNo.な-74[sage] 投稿日:2009/10/08(木) 22:52:20
流れにのって友達のドイツ人の言動
たくさんあるので抜粋で

・「日本のお弁当は魔法だ」
・「故に日本のお母さん達は皆魔女だ」
・奈良の鹿がトラウマ
・「で、等身大ガンダムはいつ動くようになるんだよ?早く教えろ」
・折り紙を必死で覚えようとして発狂
続きを読む

返事もないのに

102 名前:恋人は名無しさん[sage] 投稿日:2010/01/24(日) 00:13:01 ID:F5Wf8+BK0
私は受験生のためケータイを親にとられていて、年下の彼氏とのメールはパソコンでしています。

センター二週間前ぐらいになるとパソコンを開くことさえできなくなって、彼氏と連絡とれない状態でした。
彼氏は学校で「勉強で忙しいから仕方ないよ。でも、俺からはメールするから、読めるときに読めばいいし、返信もべつにいいから」と言ってくれました。
センターの一週間前ですごく苦しいとき、ネットで良い勉強法でも探そうと思って、パソコンを開きました。
ついでにメールもみました。未読メールがたくさんあって、すこしびっくりしました。でも全部彼からのものでした。

「勉強がんばってるね。俺も一年後は○○みたいに頑張れるかな」
「俺も今日は塾行ってがんばってきたよ。○○が頑張ってるから、なんかやる気でる」
「あと一週間だね。○○ならきっと大丈夫!応援することしかできないけど、誰よりも成功を願ってるからね」

こんな感じのメールばかりで、読んでいくうちに涙があふれてきました。
模試の結果が悪くて落ち込んでいたので、なおさらでした。
返事もないのに、見返りを求めず、ただ応援してくれる彼に大きな愛情を感じました。

小さなことでごめんなさい。

精一杯の恋


猫の失踪

936 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/01/24(日) 11:12:00 ID:ianYNCRR
猫の失踪(家出)ならよくあること。

うちの猫の場合。
母猫出産→子猫愛情を注がれすくすく育つ
そしてある日、親離れの儀式が始まる。

母猫「シャー(近付くんじゃないよ!これからお前は一人で生きてゆくんだ)」
子猫「ニャオン!ニャオン!(お母さーん!)」
自分「こら!いじわるすんなよ」
母猫「・・・(今までお世話になりました)」
鳴き叫ぶ子猫。

そして縄張り(うちの家)を子猫に引継ぎ、母猫は自ら家を出ていくのであった。
でもその後も子猫が心配らしく、何度か家に様子を見に帰っていた。

二世代で親離れをやったので偶然ではないと思う。
だからうちは猫三代と暮らしたが、数は全く増えず常に1匹しかいなかった。
なお、三代目猫は事情あって途中で居なくなったのだが、
ちゃんと家出した二代目が帰ってきてずっと住んでくれた。お前らどんだけ組織的なんだと。

はぐれ猫の陰謀?

結婚したくなるのってこういうとき

549 :おさかなくわえた名無しさん :04/07/05 16:51 ID:ZInXNml9
夜(といっても人通りの多い時間)私の後方を一組の男女が歩いてた。
カップルではなくバイト仲間のようなかんじで、女の荷物が多くて、
男が女の荷物を持ってあげてたらしい。そのとき女が何かポツリとつぶやいた。

女「……」(聞き取れなかった)
男「えっ今何つった? 今何つった?」(焦っている)
女「えーいやー(彼女も焦りだして、いいわけする口調に)世の中の女性が、
結婚したくなるのってこういうときなのかなーって。
この人といたら楽だぞーと、重いもの持ってもらえるぞーと」
男「…あははははは」
女「…えへへへへへ」

その後ふたりは無言で歩き続けた。

この人と結婚していいの?

部屋のいるときの六割は賢者モードだったんじゃないだろうか。

最初に出会ったのは俺が小学校六年生で、嫁が二年生だった の続きです。


9 名前:前スレ969[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 21:31:07
前スレではコメントありがとうございました。
正直ネタとか言われちゃうんだろうと思っていただけに、かなりうれしかったです。
まあでも、作り話のように読んでいただいてもいいかなと思ってます。
証明する方法なんてないし、そういわれるのはリアルのほうで慣れているのでw
で、要望が結婚のあたりの話ということだったのですが、どうせならいそいでしまった辺りから補足をしていこうと思います。
蛇足な部分もあるのでめんどかったら飛ばしてください。
こういう文章書くのは初めてなんですが、思い出して書くのがすごい楽しくてどうでもいいことまで書いています。
あと、さも全部覚えてるかのように書いてますが、ほとんどがうろ覚えです。
矛盾してるところもあるかと思いますがご容赦ください。


10 名前:名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 投稿日:2010/01/21(木) 21:32:20
wktk 試演w
続きを読む

先生はねこあまり好きじゃなかったんだ

927 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/01/23(土) 10:46:48 ID:ZRpTvhQS
うちのねこはお隣さんによく遊びに行く
毎年誕生日には首輪までいただいてしまっていた
しかし、お隣さんは税理士さんたちの事務所で、先生はねこあまり好きじゃなかったんだ
でも、何年も通ってたら(父猫→仔猫→母猫。母猫以外は失踪)先生、少し変わったらしい
遠くから通勤してて、先生と奥さんの会話はもっぱらうちのねこになったそうな
ねこは平日、先生の話を聞いたり事務員さんたち二遊んでもらったり
そしてとうとう年末に…ねこようにかつおぶしがお歳暮で来たよ…


お腹の中のものはすごい勢いで全部出た

192 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2010/01/23(土) 10:20:12 ID:GdVkGIww
友人カップル+私と彼氏の4人でカナダにスキーに行った時、
スキー場に向かうべく高速でしばらく走っていると、お腹を尋常じゃない痛みが襲った。
運悪く休憩所があまりない地域だったので、必死で我慢していたのだが、
こればかりはどうしようもなく次の出口で高速を降りてもらった。
降りたのはいいが、なぜだか工業地域でコンビニ無し。
しかも早朝(6時ごろ)だったので普通のお店も開いてなかった。

この辺から私は車内で暴れ始めたんだが、ついに我慢できずにその辺の木陰にダッシュ。
車内にボックスティッシュがあった事だけがせめてもの救いでした。

お腹の中のものはすごい勢いで全部出たが、恥かしさで半泣きだったよ。
友達も彼氏もいたのに、なんで茂みでウ●コしてるんだと。
その彼氏と今も付き合ってるし、その友達カップルとも遊ぶけど、皆良い人だから何も言わない・・・。
でも、今でも時々思い出して、「ああああぁぁああぁあ」ってなるんだ。

駄文・長文スマソ

ベーコン野外術

マツコデラックスが心配でしかたない

720:おさかなくわえた名無しさん :2009/11/19(木) 05:22:02 ID:Rry5rps4 [sage]
『マツコデラックスが心配でしかたない』スレにて

1:おさかなくわえた名無しさん2009/02/27(金) 08:06:42 ID:LaYym7es
相撲取りとかじゃないのにあれだけ太ってるとマジやばい。
(相撲取りですら短命だって言われてるのに。)
なまじ嫌いじゃないだけに(いやむしろ好きだ)
長生きしてほしい。
自分と同じような、マツデラが心配でしかたない人の為のスレです。


548:おさかなくわえた名無しさん2009/11/18(水) 02:23:46 ID:I3P2Aim0
ちゃんとメシ食ってんのかな?

549:おさかなくわえた名無しさんsage2009/11/18(水) 13:36:24 ID:vIreDoR/
その心配はどこから出てきたんだw

人生張ってます!

上(の階級)も辛いんだよ?

472 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2009/09/15(火) 13:59:11 ID:ogTTydnQ
中学生の時、学校に着物の帯持っていって、昼休みに制服の上からつけてた。
誰にも何も聞かれてないのに、寧ろ遠くから避けて見られてたのに、
「あ、これ?うん、ちょっと、しきたりでね。上(の階級)も辛いんだよ?」
とか言ってた。外すときは男子に耳元で「引っ張って…」って頼んでた。
まぁ3年間帯を引っ張ってくれたのは男子じゃなくて掃除棚の扉だったけど。
続きを読む

親父の手ひとつで育てられた

556 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:03/06/30(月) 22:54 ID:qS6tn35y
漏れ、小さい頃におかんに死なれ、親父の手ひとつで育てられた。
就職のため実家を離れたため、今では親父と漏れは離れて暮らしている。
親父も年をとり、会社を定年退職したが、それまでのキャリアを生かせる仕事を見つけ、
再就職した。が、いろいろあり、鬱にかかって辞めざるを得なくなってしまった。
もともとプライドの高い親父は、漏れには鬱のことをなかなか打ち明けてくれなかった。
ただ「もう仕事はできない」と言うだけだった。
それなのに、最近ではめっきり年も取り、鬱を打ち明けるばかりでなく、「この先、もう
長くない」などと口走るようになってきた。
続きを読む

あとどれくらいの親孝行ができるのか

655 名前:1/2[] 投稿日:2007/02/11(日) 15:20:46 ID:YKJ2Piaz
最近の話ではないけれど・・・
親父が泣いたのを初めて見た時の話。

親父とお袋は、共通の友人(以下Aさん)を通じて知り合ったのだそうだ。
お互い住んでいる場所が離れていて中々会えなかったらしいが、
(当時、二人は東京でAさんは岩手)
親父とお袋の結婚式の司会を頼んだほど仲が良い、所謂親友だった。
続きを読む

私が小さかったころの成長記録

125 名前:大人になった名無しさん[] 投稿日:2009/06/13(土) 02:23:37
当時私が小学生だったころ。
本が大好きで、家にある、自分が読めそうな本を読み漁っていた。
ある日、何気なく母の本棚を漁っていたら、かわいい表紙の日記を見つけた。
どうやら私が小さかったころの成長記録らしい。
母はこういう細かいことが好きで、よく日記とかつけていた。
私は面白半分で日記を開いてみた。
続きを読む

696 :おさかなくわえた名無しさん :2005/04/20(水) 00:20:55 ID:u8PUE5st
うちのクラスの貸し出し用文房具には、何故かそれぞれに詩みたいのが書いてある。

はさみ
「そんなに焦らないでね。僕はいつでも君の助けになれるから。
君が紙の気持ちを知ってればね。
まずはゆっくり、穴に指を通して、決して滑らせたりしないで。
僕はカッターじゃないんだ。」

ホッチキス
「私に触れるたび、貴方が小気味よい音に快感を感じるのなら、
私はいつでも口を閉じます。私はいつでもそれを咥えます。」

コンパス
「僕にかかれば君のかけない綺麗な丸なんてスイスイかけるからね。
いやいや、別に君の丸が下手って言ってるわけじゃないよ?
味があって、好きだな」

定規
「綺麗な直線というのは、いつの時代でも必要とされるものだ。
さぁ、私を手にとれ。
フリーハンドを好む君でも、きっとその美しさにきづくはずさ。」

いや、だからどうだってわけじゃないんだけど。

マンセルシステムによる色彩の定規
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
おーぷん2ちゃんねる
規制画面がとっても優しい
おーぷん2ちゃんねる
http://open2ch.net/menu/
つぶやき
Re:ありがとうございます。

励みになります。

私からもありがとう。


ついったーでほんわかMkⅡ

リンクとかの事はこちらに
あばうとほんわかMk2

逆アクセスはこちらから
 νほんわかランキング(*´∀`*)
テスト
てすと
amazon+


ハレ婚。(13) (ヤンマガKCスペシャル)
amazon-
なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)
最新記事
2ch
このブログは
2ch
2ch.sc
おーぷん2ちゃんねる
より転載しております。

月別アーカイブ
QRコード
QRコード
アクセス

アクセスランキング 

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ